消費者金融は働いてないと借入ができません

お金が必要1

借りたお金には返済の義務があるため、返済能力がないと借りることができません。消費者金融からお金を借りるためには、大前提として仕事をしていることが条件です。働いてないと安定的収入を得られないため、借りても返済できなくなります。

休職中に借りることはできないため、借りるためには非正規雇用でもよいので仕事を見つける必要があります。

消費者金融はなぜ働いてないと借りられないのか?

消費者金融から借りるためには成人していること、そして安定・継続的収入があることが条件です。つまり20歳以上で働いている人しか借入できないため、働いてない状況で申し込みしても審査に通りません。理由はシンプルで収入がゼロだと返済能力もゼロであるためです。

また消費者金融は総量規制の適用となり、年収の3分の1までしか借入ができません。収入がゼロの状態だと必然的に借入できる金額はゼロになるわけです。銀行ローンは総量規制の対象になりませんが、審査書類には年収の記載をする必要があります。

キャッシングやカードローンは個人の信用力をもとに借入するローンのため、嘘は通用しない仕組みになっています。消費者金融から50万円超の借入をする場合は、収入証明書が必要になるのが普通です。ここで注意したいのは50万円以内であっても、年収を正確に申告する必要があることです。

また個人信用情報機関の申し込み・借入履歴をチェックされるので、ここでも嘘は通用しません。もし嘘をついた状態で借入できても、途中でバレたら借入ができなくなる可能性大です。もちろんローンの契約中に嘘がバレて追加融資不可になっても、今まで借りた分は返済していくことになります。

働いていなくても借入できる例外とは

お金が必要4

働いていなくても消費者金融から借りられる例外は存在し、それは年金収入を受けている場合です。定年退職して無職の状態になっても、年金を得ていれば安定収入とみなされます。ただし注意点として消費者金融によって年金収入への扱いが異なることがあります。

中には給与収入は安定収入と認めてくれるけど、年金収入は不可と考える消費者金融もあるわけです。年金受給者に融資してくれるかどうかは公式サイトには記載されていないことが多いので、直接問い合わせて聞いてみる必要があるでしょう。

昔の消費者金融の中には専業主婦に融資してくれる会社がありました。専業主婦は結婚している女性であることが前提となるので、配偶者に安定収入があれば融資してくれることが多かったのです。しかし現在は総量規制によって、本人に安定収入がなければ借入できなくなりました。

つまり働いてなくても借入できる方は、年金受給者に限定されるわけです。

無職であることを隠して借りるのはダメ

求職活動をするには3~6ヶ月の期間を要すると言われており、その間に金欠になる方は少なくありません。まとまった貯金がなければローンで調達したいところですが、無職中にお金を借りることはできないのです。嘘をつけば大丈夫と考えるかもしれませんが、バレた場合は契約違反となり解約させられます。

現在の消費者金融は昔と比べて嘘に厳しくなっており、職業・年収などを偽って借りるのもダメです。昔なら年収250万円のところを300万円で申告しても大目に見てくれるケースがありましたが、現在は虚偽の事実とみなされることが多いので注意してください。

消費者金融のキャッシングやカードローンは無担保・保証人なしで借りられる便利なローンです。これが不動産担保ローンならば担保として不動産を差し出さなくてはいけません。消費者金融ローンは個人の信用力を武器にして借りるローンなので、申し込みする本人が働いているかどうかを精査されるわけです。

なお権利的収入に関しては働いて得たものとみなされないため、権利収入で高額年収を得ていても消費者金融ローンの利用はできません。

ローンを抱えている状態で失職したら返済義務は残る?

当然ながら働いてない状態でローンの申し込みはできませんが、すでに借入している状態で失職した場合はどうなるか気になるところでしょう。この場合はたとえ無職で年収ゼロになっても、今後の返済義務はそのまま残ります。

債務整理や過払い金請求などで法的に処理しない限り、借りたものは返す義務があるわけです。失職して毎月の返済ができない場合は、単発バイトなどをして返済金を確保するのが得策です。もし病気・怪我などで一時的に働けなくなった場合は、消費者金融に連絡すれば融通を効かせてくれることがあります。

例えば半年間などの期間限定で返済猶予をしてくれるなどの処置が取られることがあります。注意したいのは消費者金融に連絡を入れずに延滞することです。たとえ急な失職が原因であっても、延滞する理由は正直に伝えておきましょう。

良心的な消費者金融の中には、働いてから返済を再開するように優遇処置を取ってくれる会社もあります。また金利を低くしたり、毎月の返済額を減らすなどして対応してくれるケースもあります。黙って延滞すると信用力を著しく低下させ、今後のローン利用に影響するので注意です。

信用力を落とさないためには、常に誠実に対応することが大切なのです。

働いていても借りられないケースとは

消費者金融から借りるためには、必ず審査を受けなくてはいけません。つまりどのような消費者金融であっても、100%の確率で借りることはできないのです。働いていても借りられない方はおり、よくある理由は希望額が大きすぎる、他社借入件数が多いなどです。

総量規制の範囲を超えて借りることはできませんし、総量規制の範囲内であっても消費者金融側が無理な金額だと判断すれば借りられません。他社借入件数は多いほど不利になるので、少なく抑える工夫が必要です。

働いてないのに借入できるローンには注意

稀に働いてないのに融資してくれるという金融機関に遭遇しますが、こうした業者はすべて悪徳業者と考えてよいです。悪徳業者は審査に100%通過する、誰でも借りられるなどの甘い言葉で誘惑してきます。他社から借りられない方だとうっかり誘惑に乗ってしまいがちですが、こうした業者は実店舗がなかったりします。

実態のない運営を行っており、貸金業登録もしていません。悪徳業者から借入してしまうと、法外な利息を請求されます。悪徳業者が適正金利を設定することはなく、グレーゾーン金利をはるかに超える利率を設定しています。

甘い言葉で誘惑してくる業者があったら、まずは業者名を検索サイトで調べてみましょう。こうした業者は実店舗がなく、公式WEBサイトも所有していないことがほとんどです。

関連情報《消費者金融会社 > ノーローン》 > http://noloan.com/